前世療法ブーム(?)


 前世療法、という言葉はいつ頃からある言葉だろうか? 正確にそれがいつからあったのかは判らないが、1988年、ブライアン・ワイス博士が書いた事実に基づく小説「Many Lives, Many Masters」(多くの人生、多くの師匠達)以来ではないだろうか。 この小説は日本では1991年PHP研究所より「前世療法」という題名で出版されました。 この小説は現職の精神医学博士が自らの医療の体験をつづった実話で、博士が退行催眠中、患者が偶然にも前世と思われる記憶を思い出した事から博士自身の人生をも変えてしまった衝撃的な内容が書かれています。 これは日本でもブームになり一気に必然的に、「前世療法を受けたい」、という人々を生み出す結果となったようです。  

 そうしたブームの中、「前世療法」とか「退行催眠」を行う、というヒプノセラピストと名乗る人達やそうしたヒプノセラピストを養成するというヒプノセラピーのスクールがまるで竹の子のように吹き出す結果となったのが現在の日本の状況なのです。 そして、ヒプノセラピーといえば「前世療法」の事を指すような風潮がおきているようです。

ヒプノセラピーという言葉は、英語の hypnotherapy をそのままカタカナ読みにしただけの言葉で、
この日本語訳は、催眠療法、なのです。
確かにヒプノセラピーの中には退行催眠や前世療法は含まれるものですが、
別に前世療法を指して、 hypnotherapy 、ヒプノセラピーという言葉があるわけではない点、
注意してください。

このページの先頭へ